読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

briefeannatsuの日記

読書メモ

『わたしが子どもだったころ』の日々 ヒースのかおり

わたしが子どもだったころ
エーリヒ・ケストナー
高橋健二

「わたしたちはコケモモの実を摘んだ。ヒースのかおりがした。松のこずえが音もなくゆれていた。」

 ヨーロッパの小説に、たびたびヒースという植物が登場する。恥ずかしながら、どんな外見でどんな匂いがするのか、私は知らない。検索したら匂いは無理でも、外見は瞬時に知ることができるでしょう。
 仕事でもなし、敢えて止めておく。「知りたがりはよろこびの命とり」(『点子ちゃんとアントン』より)