読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

briefeannatsuの日記

読書メモ

『わたしが子どもだったころ』の日々 おわり

わたしが子どもだったころ
エーリヒ・ケストナー
高橋健二

電車内にて読了。
男の子の母親とはなんと幸せな存在なのでしょう!
男の子にもよるだろうけど。